世にも奇妙な人体トラブル

改めて健康のありがたさを感じます

焼身自殺志願者がライター忘れる!?

911pp.jpg

今回の出来事はアメリカ・フロリダ州で、ガソリンスタンドの元職員が自分と車にガソリンをかけて、自殺しようとしました。

しかしライターを忘れてきてしまったらしく、道行く人にライターを借りようとするという、変わった事件が起きました。
問題の人物はKalpeshkumar Patelさん(40歳)。

パテルさんはハイスプリングスにあるシェブロン・ガソリンスタンドに現れると、給油の器械を使い自分の車にガソリンをジャブジャブかけ始めました。

さらにはガソリンのノズルを自分の頭に向けると、またガソリンをジャブジャブかけ始めました。大爆発の危機で周囲に緊張が走ります。

どうやら焼身自殺をするつもりみたいです。

しかし、パテルさんはとても大事なものを忘れてきた事に気付きました。

ライターです。

困ったパテルさんは周りにいた客にお願いし始めました。

当然だけど、誰も渡すはずがありません!!

そうこうしている内に通報を受けた警察が駆けつけ、彼は取り押さえられ一件落着となりました。

一歩間違えたら大参事なんで、パテルさんがライターを忘れるおっちょこちょいで、本当に良かったなって思います。

ガソリンスタンドで火を付けたら大爆発を起こして、その辺一帯火の海になってみんな死んでいたんじゃないかな?って思います。

事故に発展しなくて本当に良かったですね!



カテゴリー:記事

« ガソリン泥棒が大炎上!    老ける料理があるらしいです・・・・ »
Copyright © 2009 世にも奇妙な人体トラブル. All rights reserved